モスクワへ旅行する前の基礎知識

person wploisaccess_time 2015年9月29日
top

画像参照:Thomas Depenbusch

ロシアの歴史は、9世紀にキエフからノヴゴロドに亘り、統一国家ができたのが始まりです。
その後ロシアは10余りの国に分裂し、13世紀にはタタールのくびきと呼ばれるモンゴルの支配をうけますが、モスクワ公国がモンゴル支配を打ち破ります。17世紀から18世紀にかけては、有名なピョートル大帝やエカテリーナ女王が登場し、繁栄を極めます。しかし20世紀初頭ロマノフ王朝は革命で打倒され、ソビエト連邦が誕生。20世紀後半にはそのソビエト連邦が崩壊し現在のロシア連邦となります。

ロシアの首都モスクワは、日本から旅行に訪れるには、ヨーロッパの都市かアジアの都市を経由して入国されることが一般的です。入国にはビザが必要となり、事前に大使館を訪れ取得する必要があります。言語はロシア語ですが、観光地やホテルなどでは英語が比較的通じます。
治安は日本で言われている程危険ではなく、少し注意は必要ですが十分旅行を楽しむことができます。ロシアの気候については、冬はかなり寒く、夏は涼しくて過ごしやすいです。旅行のベストシーズンはやはり夏でしょう。

ホテルは高級ホテルからエコノミーホテル、ユースホステルまであります。
7月~8月は早期に満室になりやすいので現地ではなく日本から予約をしておいた方が良いでしょう。
食事はロシア料理から旧ソ連諸国の料理などのレストランがたくさんあります。
またフレンチ・イタリアンなどから日本料理といった各国料理もあります。
予算があまりない方は、セルフの食堂やスーパーなどで買って食べるといった方法もあります。

モスクワの観光名所はたくさんあり、ぜひ行っておきたいのがクレムリンと赤の広場です。
クレムリンは1156年にユーリー・ドルゴルーキー公が丘に木造のとりでを造築したのが始まりです。
その後何度か改築され、1495年に現在の城壁がはり巡らされました。
内部には、宮殿兵器庫・武器庫・クレムリン大会宮殿などが建っています。
また、ウスペンスキー大聖堂も見どころの一つです。
ロシア帝国の国教大聖堂とされ、ツァーリの戴冠式が行われていました。
赤の広場の見どころは、旧ソ連の聖地レーニン廟や玉ねぎ屋根の聖ワシリー聖堂などです。
またロシアの文学や芸術を楽しめる博物館や美術館などもモスクワにはたくさんあります。

そしてロシアに来れば、見ておきたいのがバレエです。ボリショイ劇場は歴史と伝統ある劇場で、レベルの高いバレエが観賞できるでしょう。

おすすめサイト

米国GDP(国内総生産)
米国の経済動向を表す指標として四半期毎に発表される数値とは?

warningComments are closed.